【東京】役員運転手派遣求人ナビのメイン画像の画像

東京でおすすめの役員運転手派遣求人会社をランキング形式で紹介します!

「運転スキルを活かした仕事がしたい」「接客には自信がある」という人におすすめなのが、会社役員や経営者層の送迎を担う役員運転手の仕事です。

役員運転手は顧客を乗せて目的地まで送り届けること以外に、秘書業務や受付業務などを併せて任されることも多く、さまざまなスキルを身に付けることができます。

求められるスキルが多いことから「自分にできるのか」と思ってしまうかもしれませんが、多くの会社で研修制度が充実しているので、運転免許と誠実な姿勢があれば問題なく働けるでしょう。

しかし、実際に仕事として始める前に、どの役員運転手派遣会社を選べばいいのかがわからないと一歩が踏み出しにくい、という方も多いでしょう。そこで、このサイトではwebアンケートの結果をもとにおすすめの役員運転手派遣会社をランキング形式でご紹介しています。

ほかにも、そもそも役員運転手というのはどんな仕事なのか、具体的な働き方や給与なども解説しています。

あらかじめ当サイトで解説している内容を把握しておけば、役員運転手の会社選びで迷ってしまうことはないでしょう。ぜひこのサイトを参考にして、自分に合った会社を見つけ役員運転手として活躍してみてください。

企業運営を支え役員運転手派遣サービスを提供。未経験でも活躍のチャンス
トランスアクトの画像

引用元:https://transact.co.jp/

トランスアクトの強みは、業務委託(プロドライバー)が多く所属しているのが強みです。雇用する社員ドライバーの場合、残業規制をクリアできないなどの制約が多くなってしまいますが、業務委託の場合はその心配もないので、自由に働きたい人にはぴったりだといえるでしょう。

また、経験者を優先的に募集してはいますが、未経験でもチャレンジ精神のある人であれば応募可能なので、未経験の人にもおすすめです。

トランスアクトの画像

引用元:https://transact.co.jp/

トランスアクトの強みは、業務委託(プロドライバー)が多く所属しているのが強みです。雇用する社員ドライバーの場合、残業規制をクリアできないなどの制約が多くなってしまいますが、業務委託の場合はその心配もないので、自由に働きたい人にはぴったりだといえるでしょう。

また、経験者を優先的に募集してはいますが、未経験でもチャレンジ精神のある人であれば応募可能なので、未経験の人にもおすすめです。


未経験でも安心
社内研修が充実している

経験者優遇あり
経験やスキルを活かせる

高い従業員満足度
やりがいも給料も得られる

「業務委託」契約
残業時間の制限がない

トランスアクトの基本情報

給与

月給 24万円~55万 円
【役員運転手 / 専属プロドライバー】
・契約社員  月給 24万円~55万円
・業務委託  月給 24万円~日給 1万2,000円~

福利厚生・手当

通勤交通費支給
時間外手当
深夜手当
休日出勤手当

問い合わせ

電話・メールフォーム

アクセス

トランスアクトの公式サイトを見てみる
女性も活躍できるチャンスがあり、よい仕事にはしっかりと報酬で応える
メニフィーの画像

引用元:http://www.menify.co.jp/

メニフィーの応募資格は運転免許を持っていることのみとなっています。女性ドライバーも活躍中なので、女性で役員運転手を目指している人におすすめできる会社だといえるでしょう。

さらに、年に一度運転手の健康管理のために健康診断を行っていたり、日々の報告を実施していたりするなど、運転手の健康管理に意欲的なのも大きな特徴です。

メニフィーの画像

引用元:http://www.menify.co.jp/

メニフィーの応募資格は運転免許を持っていることのみとなっています。女性ドライバーも活躍中なので、女性で役員運転手を目指している人におすすめできる会社だといえるでしょう。

さらに、年に一度運転手の健康管理のために健康診断を行っていたり、日々の報告を実施していたりするなど、運転手の健康管理に意欲的なのも大きな特徴です。


未経験でもOK
未経験でも応募できる

女性にもおすすめ
女性ドライバーも活躍中

健康管理に注力
運転手の健康管理に積極的

応募の制限が少ない
年齢や性別を問わない

メニフィーの基本情報

給与

役員運転手【正社員・派遣社員】
月給

福利厚生・手当

昇給
交通費全額
社保完
交通費全額支給

問い合わせ

電話・メールフォーム

アクセス

メニフィーの公式サイトを見てみる
ドライバーに落ち着いて仕事をしてもらうために給与、福利厚生の充実に注力
ショーファーサービスの画像

引用元:https://www.cs-driver.co.jp/

ショーファーサービスは、やりがいとプライドを持ってエグゼクティブをサポートする役員運転手にチャレンジしたいと考えている人材を求めている会社です。向上心をもって役員運転手としての仕事に従事していきたいという意気込みなのであれば、ぜひショーファーサービスに応募してみてください。

ちなみに、ショーファーサービスには充実の研修制度も存在するので、技術を向上していきたい人にもぴったりです。

ショーファーサービスの画像

引用元:https://www.cs-driver.co.jp/

ショーファーサービスは、やりがいとプライドを持ってエグゼクティブをサポートする役員運転手にチャレンジしたいと考えている人材を求めている会社です。向上心をもって役員運転手としての仕事に従事していきたいという意気込みなのであれば、ぜひショーファーサービスに応募してみてください。

ちなみに、ショーファーサービスには充実の研修制度も存在するので、技術を向上していきたい人にもぴったりです。


やりがいとプライド
やりがいとプライドを重視

運転免許のみ
運転免許があれば応募可能

研修も充実
充実の研修制度がある

基本給が高い
基本給は20万円と高め

ショーファーサービスの基本情報

給与

基本給 20万円

福利厚生・手当

技能手当 7,500円~1万5,000円(能力に応じて)
禁煙手当 5,000円
褒賞金 3万2,500円
社会保険完備
交通費全額支給 ほか

問い合わせ

電話・メールフォーム

アクセス

ショーファーサービスの公式サイトを見てみる
多くの現場経験を積むことで本格的に送迎ドライバーの道を究めることができる
セントラルサービスの画像

引用元:https://www.central-service.co.jp/

セントラルサービスは顧客の安心と安全を守ることを信条としているので、人の役に立つ仕事がしたい、プラス思考で生活したいといった考えを持っている人と一緒に働きたいと考えています。そのため、日頃からそういったことを考えているのであれば、セントラルサービスに応募するのがよいでしょう。

そして、AT限定普通免許でも応募でき、年齢・性別による制限もないなど、応募に関する制限がほとんどないのも強みです。

セントラルサービスの画像

引用元:https://www.central-service.co.jp/

セントラルサービスは顧客の安心と安全を守ることを信条としているので、人の役に立つ仕事がしたい、プラス思考で生活したいといった考えを持っている人と一緒に働きたいと考えています。そのため、日頃からそういったことを考えているのであれば、セントラルサービスに応募するのがよいでしょう。

そして、AT限定普通免許でも応募でき、年齢・性別による制限もないなど、応募に関する制限がほとんどないのも強みです。


誠実な人向き
誠実さが大事と考えている

ATでも大丈夫
ATの免許でも応募可能

年齢・性別も無制限
年齢などでも制限されない

給与は月給制
月給制で給与をもらえる

セントラルサービスの基本情報

給与

役員運転手【正社員・派遣社員・契約社員】
月給

福利厚生・手当

昇給
交通費全額
社保完備
交通費全額支給

問い合わせ

電話・メールフォーム

アクセス

セントラルサービスの公式サイトを見てみる
持前の運転スキルを存分に発揮。広範囲で多くの送迎サービスを提供している
トータルドライバーサービスの画像

引用元:https://www.tds.co.jp/

トータルドライバーサービスは、自動車運転免許取得後3年以上の運転経験者であり、誠実で都内の地理に詳しい方、というのを応募条件としています。もしその条件に当てはまるのであれば、応募を検討してみるのもよいでしょう。

応募に関する秘密はしっかりと厳守してもらえるので、心配することはありません。ホームページの専用フォームから応募を行えるため、興味があれば応募してみてください。

トータルドライバーサービスの画像

引用元:https://www.tds.co.jp/

トータルドライバーサービスは、自動車運転免許取得後3年以上の運転経験者であり、誠実で都内の地理に詳しい方、というのを応募条件としています。もしその条件に当てはまるのであれば、応募を検討してみるのもよいでしょう。

応募に関する秘密はしっかりと厳守してもらえるので、心配することはありません。ホームページの専用フォームから応募を行えるため、興味があれば応募してみてください。


都内に詳しい人に最適
都内に詳しい人を希望

免許取得後3年以上
3年以上の運転歴が必須

Webから応募可能
手軽に応募できる

秘密は守られる
応募時の秘密は厳守される

トータルドライバーサービスの基本情報

給与

未掲載

福利厚生・手当

未掲載

問い合わせ

電話・メールフォーム

アクセス

トータルドライバーサービスの公式サイトを見てみる

役員運転手の仕事内容

の画像

役員運転手というとイメージが浮かばない人でも、専属ドライバー・お抱え運転手といった呼び方ならしっくりくるかもしれません。さまざまな呼び方がありますが、仕事内容は冒頭でお話ししたとおり企業の役員・オーナーといったエグゼクティブ層の送迎がメインです。

顧客を勤務先や取引先、自宅へと迅速かつ快適に送り届けることが業務であり、ただスピーディに到着するだけでなく、ビジネスの合間に次の予定を確認したり、小休憩をとったりする顧客に心地よく過ごしてもらうために、よい空気感を作り出すことも仕事の一つです。

役員運転手は顧客のスケジュールに合わせて行動するため、業務が深夜まで及ぶこともあります。また、運転とともに待機することも業務の一つです。顧客が用事を済ませている間、車両または事務所で待機している時間も多く発生するため、拘束時間は長くなる傾向にあります。

また、顧客の都合によって、就業時間後の出勤要請や休日出勤も発生する場合があるでしょう。こうしたことから「役員運転手はきつい」といわれることもありますが、そのぶん頑張りが給与・報酬に反映されやすいのが特徴です。

さらに、企業に直接雇用されている役員運転手か、役員運転手の派遣会社に所属するかによっても待遇は変わってきます。とくに研修・ノウハウの共有の面で、役員運転手の派遣会社は体制が整っていることが多く、役員運転手の経験がなくても挑戦しやすいでしょう。

役員運転手の給料相場

の画像

次に、役員運転手の給料相場を見ていきましょう。
役員運転手の給料は、35万円程度が一般的といわれています。しかし一口に役員運転手といっても、業務形態や勤務時間に違いがあるため、あくまでも大まかな相場として考えるとよいでしょう。

傾向として、企業のお抱えドライバーの場合には、会社の規模によって収入も変わってきます。会社の規模に比例して役員運転手の必要性・重要性も高くなるためです。

一方で役員運転手の派遣会社で勤務した場合には、派遣先の会社規模によって給料が変化することは少ないでしょう。勤務時間や経験、スキル、顧客からのニーズの高さなどの面で評価されることで、収入を上げることができます。また、残業や休日出勤などがあった場合に発生する手当が給料額に与える影響も少なくありません。

また、他ドライバー業と比較して考えると、役員運転手の給料は高いのでしょうか。同じドライバーという視点で、タクシー運転手・路線バスの運転手と比較してみましょう。

タクシー運転手の平均年収は約350万円で、月給で考えると29万円となっています。役員運転手と比べてみるとほぼ同じとなりますが、タクシー運転手は歩合の割合が多く、稼働がなければ稼げない点に注意が必要です。客足が景気や世間の風潮などにも左右されるため、安定性にやや欠ける点が難点と感じる人もいるでしょう。

路線バス運転手の平均年収もまた、350万円程度となっています。安価な交通手段であるバスは景気に左右されることが少なく、安定性の高い職業といえるでしょう。しかし、路線バスの運転手になるには大型免許を取得する必要があり、未経験からスタートするにはハードルが高いのが特徴です。

このように、平均月収・年収には大きな違いが見られないものの、とくに役員運転手派遣会社でのドライバーとしての仕事は、業務形態において自由度が高く、相談のうえ契約社員・派遣社員・業務委託・アルバイトといった働き方を選択できるため、高収入を得たい場合にも相応の業務形態・条件で働くことで叶えられる点が魅力です。

役員運転手に求められるスキル

の画像

ここで、役員運転手に求められるスキルを再確認しておきましょう。

まず、役員運転手に必要となるのは「運転スキル」があります。冒頭でもお話ししたとおり、役員運転手はただ目的地に早く着くことだけが仕事ではありません。顧客を乗せて運転する以上、必要以上の揺れがないか、運転マナーはスマートかなどの面でもスキルを高める必要があります。

運転スキルと同時に求められるのが地理的な知識です。目的地近くになって道がわからず、顧客に道案内をさせてしまうようでは、高品質なサービスとはいえません。顧客の行先は頭に入れておき、案内がなくても対応できるようにしておくのがプロの役員運転手です。

また、車を運転する人なら誰しも実感を持てるかと思いますが、実際の道は地図・ナビ上の情報とは異なります。地図上では何ら問題がなく見えても、たとえば平日の夕方はその他の時間帯の倍以上の時間がかかる道や、自転車の通行が多く徐行が必要となる道など、実際に走行してみないとわからない問題もあるでしょう。

顧客が移動する範囲内は混雑しやすい時間帯や条件、安全を守る上で注意すべき地点などを把握しておく必要があります。また、混雑や安全上の理由からルートを適切でないと判断した場合、代替ルートをすぐさま準備できるスキルも求められるでしょう。

さらに、顧客を乗せて走行するという点で、接客スキルも必要となります。接客といっても基本的には顧客とドライバー1対1の空間となるため、画一的な接客を行うのではなく、おもてなしの心を持ち、臨機応変に接する力が求められます。

しかし、これから役員運転手の仕事をしたい人で、現状こうしたスキルがない場合でも諦める必要はありません。役員運転手の派遣会社のなかには、地理の知識や運転・接客スキルをしっかりと研修してくれるところもあります。

業務の性質上、経験者が優遇される点はあるものの、未経験のスタートでも研修によってスキルを獲得し、活躍できる会社もあるため諦めないようにしましょう。

役員運転手派遣求人の応募方法

の画像

では、実際に役員運転手派遣の会社で働く際には、どのように求人に応募したらよいのでしょうか。応募方法は求人の掲載先によって異なります。

たとえば、役員運転手派遣会社の公式サイトまたは応募用サイトでの求人であれば、応募フォームが用意されていることがほとんどです。多くの場合、氏名・電話番号・メールアドレスといった連絡先情報を入力し、問い合わせ内容を記入して送信します。

そのほか、求人サイトの場合にはサイト上からエントリーし、ハローワーク求人の場合には求人票を印刷して受付に相談する流れとなります。また最近では、応募の前にLINEで相談・質問できる役員運転手派遣会社もあり、応募のハードルは下がっているといえるでしょう。

役員運転手としてのやりがい

ここで、役員運転手の仕事にはどのようなやりがいがあるのかを解説します。


名前を覚えてもらえる
役員運転手は、同じ顧客のもとで働くことが多くなります。そのため、継続して仕事をしていけば、顧客に名前を憶えてもらい、頼りにされる存在となるでしょう。仕事をする上で自分の名前を憶えてもらえるのは、大きなやりがいに感じられるのではないでしょうか。

礼儀作法が身に付く
繰り返しになりますが、役員運転手は企業の役員やオーナーなど、エグゼクティブたちの送迎を行う仕事です。そのため、業務内でビジネスマナーや礼儀作法を身に着けることができます。「どのような礼儀作法が必要とされるのかわからない」といった場合でも、役員運転手の派遣会社であれば基礎から教わることができます。

使命感を与えられる
役員運転手は、役員やオーナーらを影で支える立場でもあります。役員車を使用できるのは、顧客が社内で重要なポジションについている証でもあるのです。そのため、役員運転手は顧客の仕事へのモチベーションややる気、使命感の向上などに一役買っているといっても過言ではないでしょう。

役員運転手派遣求人の選び方

ここで、実際に「役員運転手として働いてみたい」という方のために、役員運転手派遣の求人を探す際の選び方を解説します。

研修制度の充実度の画像
研修制度の充実度

役員運転手として働く際には、まず研修制度が充実しているかという点をチェックしましょう。これまでに役員運転手の経験がある人でも、初めての場所での業務は勝手がわからないもの。役員車を運転する際に注意すべきポイントや、左ハンドルなど車両に合わせた運転方法、地理知識に加えて秘書業務なども指導してくれる会社であれば、安心して業務に移ることができます。

従業員満足度の画像
従業員満足度

従業員満足度は、働く上での条件のよさや職場環境のよさに直結します。つまり、従業員満足度の高い会社ほど働きやすい会社であるといえるでしょう。自分が働く際にも、満足感を持って働けることがイメージできます。従業員満足度が高い会社は、公式サイトや求人にその旨を掲載していることが多いため、見逃さないよう隅々までチェックしましょう。

自分に合う雇用形態の画像
自分に合う雇用形態

自分に合った雇用形態で働けるかどうかも重要です。役員運転手の業務形態には、業務委託・契約社員・アルバイトなどがありますが、業務形態によっては働く時間が制限されてしまうこともあります。「たくさん働いてたくさん稼ぎたい」という人にとって、この点は足かせとなってしまうため、高収入を目指すのであれば業務委託の形態がおすすめです。

役員運転手の1日の仕事の流れ

01. 車の各種点検・清掃

役員運転手の1日は、車両の点検と清掃からスタートします。車内にいる時間を快適に過ごしていただけるように、座席や座席下を中心に清掃を行います。また、車両を外から見たときの状態にも注意し、汚れや傷などがないよう状態を保っておく必要があります。派遣先によって業務の時間は異なりますが、9~18時・昼休憩1時間としているところが多いようです。

02. お客様の指定場所へ

車両の準備が整ったら、お客様の指定場所へお迎えに上がります。指定の場所はお客様のご自宅や勤務先が多いでしょう。

03. 得意先などを回る

顧客のスケジュールに合わせて送迎を行います。顧客企業の繁忙期や顧客の都合によっては、運転が連続することもあるでしょう。 また、スケジュールにない突発的な送迎が発生することも。反対に、顧客のスケジュールに余裕があるときには、運転手の過ごし方もゆとりが出ることが多くなります。待機時間の過ごし方は会社の規定によって異なりますが、スマホを見たり仮眠をとったりすることが可能な場合もあります。

04. お客様をご自宅へ案内

役員運転手の業務は、お客様をご自宅へ送り届けたタイミングまたは業務終了時間で終了となります。夜間や早朝のイレギュラーな出勤が発生する見込みがある場合には、就寝時間やアルコール摂取などに注意しなければなりません。業務内容や条件については、事前にしっかりと確認しておきましょう。

自分の希望に合った役員運転手派遣求人を選ぼう!

このサイトでは、役員運転手の業務内容や給料、選び方のポイントなどをご紹介しました。役員運転手は運転・接客の2面で高いスキルが求められる仕事であり、未経験から挑戦する場合には学ばなくてはならないことも多いでしょう。

しかし、とくに役員運転手の派遣会社では柔軟な働き方が可能であり「しっかり働いてたくさん稼ぎたい」「スキルを高めて人材価値を高めたい」といったニーズに応えてくれるのが魅力です。

役員運転手の仕事を探しているなら、このサイトの記事を参考として、ぜひ自分にあった役員運転手派遣会社を見つけてみてください。