役員運転手の仕事はきつい?仕事のやりがいや魅力をご紹介!

公開日:2023/02/15   最終更新日:2022/12/26


一般的に企業の役員には役員運転手が付けられる場合が多くあります。役員運転手の業務としては、会社役員を目的地まで送迎するのが主な仕事です。ほかにもさまざまな業務があるのですが、よく分からない方も多いでしょう。役員運転手が日々どのような仕事をしているのか、解説します。

役員運転手の仕事がきついといわれる理由

特殊だと思われがちな役員運転手は、確かに誰でも簡単に就ける仕事ではありません。しかし、一般的に役員運転手が難しくきつい仕事だと感じる人が多いのはなぜでしょう。理由を解説します。

時間が一定ではない

会社役員の運転手として業務にあたるのが役員運転手なのですが、役員の業務内容を考えれば遠方への運転は少なく、ほぼ近距離が主になるでしょう。また、役員が早朝から移動する場合や役員会議が延長すれば夜遅くまで待機が必要な場合もあります。ほかにも、休日に役員が移動するとなれば役員運転手は共に行動しなければなりません。時間が不規則なうえ拘束時間もながくなるため、きついと感じてしまうのでしょう。

運転技術

役員運転手の仕事は運転だけをすればよいのではなく、乗せている役員に対して常に負担のない運転を心掛けなければなりません。役員車は日頃から乗り慣れている自動車とは違い大型車や左ハンドルの場合もあり、運転にも気配りが必要になります。また、急発進や右左折、減速など後部座席で座る役員へ影響が出ない優しい運転が必要なのです。常に気遣いの運転を心掛けなければならないのはきついと感じてしまう可能性があります。

高いスキルが必要

役員運転手は運転技術以外にもビジネスマナーや言葉遣いなど高いスキルが求められます。取引先へ訪問すれば、訪問先でも役員の方と接する機会があるでしょう。言葉遣いや身だしなみなど人並み以上の心がけが必要な場合もあるのです。運転以外の面で求められるマナーなどはきついと感じてしまう可能性があります。

役員運転手の具体的な仕事内容

役員運転手の場合、勤務形態としては1日4時間ほどの日もあれば1日10時間ほどの日もありさまざまです。では現役の役員運転手が日々どのような業務をこなしているのか解説します。

目的地まで安全に送迎

役員運転手の主な業務としては、役員を確実に目的地まで送り届けるのが重要になります。そのため、役員が出かける時には送迎業務が発生します。目的地が複数の場合には指定場所や時間通りに送り届け、役員の仕事が終了するまで車で待機するのが一般的です。また、待機時間には次の予定を把握し、送迎先へのルートを下調べして運行時間のチェックなどの時間に充てられます。役員運転手にはある程度の地理知識も必要なのです。

車両チェックや清掃

役員運転手は、役員に毎日安全で心地よく乗ってもらうために車両点検が欠かせません。役員車は企業の顔でもあるため、泥やホコリのついた車両で取引先へ訪問すれば会社のイメージも悪くなります。そのため、待機時間には洗車や車内清掃、メンテナンスなどをする必要があるのです。

コミュニケーション

役員運転手として仕事をするうえでコミュニケーション能力も必要です。目的地までの移動中に個人的な話以外にもさまざまな相談を受ける場合があります。プライベート空間でもある狭い車内では、ある程度の会話にも適切に対応できるようスキルアップしておく必要があるのです。また、役員運転手の大切な業務に守秘義務があります。仕事中の情報を漏らすような行ためがあってはいけません。とくに役員のスケジュールを漏らさないように日々心がけるよう注意が必要なのです。

役員運転手にはやりがいや魅力がある

毎日の数多い仕事でそれぞれに魅力があるように、役員運転手にも役員運転手ならではのやりがいや魅力が数多くあります。では、どのようなやりがいや魅力があるのか解説します。

高級車の運転

役員運転手としての大きな魅力としては、やはり高級車の運転でしょう。役員に運転手をつける企業は車にもこだわる場合が多く、役員運転手は自分で購入できない車に乗れるチャンスでもあります。高級車となれば緊張感もありますが、役員運転手ならではの大きな魅力の1つです。車好きならとくに憧れの高級車に乗れるのならば役員運転手が適職だと思えるはずです。

年収の安定性

運転手ならタクシーやバスの運転手等もありますが、役員を乗車させて目的地まで送迎する仕事であれば年収が安定している点は何よりも魅力の1つでしょう。当然、安定した年収をもらうには高い運転技術やスキルが求められますが、役員に認められると長期的に働き続けられるやりがいのある仕事なのです。

大きな信頼関係

役員運転手は、役員と毎日顔を合わせるため名前や顔を一番に覚えてもらえます。役員が移動する先には必ずといっていいほど一緒に行動するため、付き合いが長くなればなるほど信頼関係もでき、頼れるパートナーとして認識してもらえるようにもなるのです。会社の中に親しい役員がいるのは自慢の1つにもなるでしょう。強い信頼関係が築ければ役員運転手の仕事にも意欲が湧いてくるはずです。

まとめ

いかがでしたか。今回は役員運転手の業務内容について少し解説しました。役員運転手は拘束時間が長いうえに大変な仕事ではありますが、魅力ややりがいも多くあります。また、役員クラスの言葉遣いやビジネスマナーなどが必要ですが、給与の面でも安定した収入があり、役員に気に入ってもらえれば長く続けられる仕事です。車好きならぜひ試してほしい仕事ともいえるでしょう。役員運転手を希望している方にこの記事が少しでもお役に立てれば幸いです。

おすすめ関連記事

検索

【NEW】新着情報

役員運転手の年収について気になっている方も多いでしょう。本記事では、役員運転手の平均年収の相場から、給料を上げるための方法までを解説します。競争の激しい業界で成功するためのヒントもお伝えする

続きを読む

役員の円滑な移動に欠かせない役割を果たす役員運転手。しかし、そのスキルは運転だけにとどまりません。本記事では、役員運転手に求められる多様な能力と、運転技術、ビジネスマナー、守秘義務の研修内容

続きを読む

役員運転手として、ベストなパフォーマンスをだすためにやるべきことは一体何でしょうか。それは「健康管理」です。健康管理を徹底し、生活リズムを整えることは、役員運転手として最低の準備です。では、

続きを読む

役員運転手は、ドライバーのなかでもトップドライバーに位置しています。そのため、ハイレベルなマナーを身に付けることも求められています。そのなかの1つが「ドアの開け方」です。会社の社長や役員を送

続きを読む

社長や役員などが直接車の運転をすると会社のリスクになります。そのため「役員運転手」に車の運転を依頼する会社が大半です。ただし、役員運転手でも事故を起こしてしまうこともあります。その場合、どう

続きを読む

役員運転手の求人を探してみると、地方と都市部の差はありますが、各地に企業がある分、求人があります。そのため現状は役員運転手の求人はとても多く、需要が供給を超えています。今回は役員運転手の将来

続きを読む

運転の技術やマナーは、一般的には経験のある年配の方がしっかりと身について優れていそうです。しかし実際は、若い運転手にもとても良い点があります。また、運転手を派遣する企業でも若手のドライバーに

続きを読む

近年の物価上昇もあり、定年後のこれからの生活が年金だけで心配で働く方が増えています。難しそうだなと考えている方も多いかもしれませんが、多くの年配者の方が役員運転手として活躍しています。東京で

続きを読む

「役員運転手のストレスはどのようなものがあるの」「ストレス解消法を教えてほしい」役員運転手を目指している方のなかでこのような疑問をもつ方もいるかと思います。役員運転手ならではのストレスがどれ

続きを読む

一般的なドライバーの仕事とは異なり、安定したドライビング技術と爽やかな接客対応、おもてなしの心を要する「役員運転手」の仕事をご存じでしょうか。企業内に専属で勤務することも可能ですが、派遣運転

続きを読む