役員運転手の志望動機の考え方のポイントについて解説!

公開日:2022/09/15   最終更新日:2022/09/22

運転手

役員運転手として働くためには、運転手を募集している会社、または派遣をしている会社へ就職する必要があります。採用試験でポイントとなるのが、志望動機です。志望動機の内容が合否に大きく影響を与えるため、入念に準備をしなければいけません。今回は役員運転手の志望動機を考えるポイントについて、履歴書の書き方などと一緒に解説します。

役員運転手の採用担当者が面接で見ていること

役員運転手の面接では、採用担当者はとくにどのような点を見ているのでしょうか?主なものを全部で3つ紹介します。

役員運転手を志望する理由

役員運転手の主な仕事は、車の運転です。会社の役員などを車に乗せて、特定の場所まで送迎します。車の運転をする仕事はバスやタクシー、トラックなど、ほかにもたくさんあるでしょう。数多くある運転をする仕事のなかから、なぜ役員運転手を志望するのか、採用担当者は知りたがっています。

会社を志望する理由

どのような仕事の求人でも、採用担当者は「なぜ、この会社を志望するのか」を尋ねます。同じ業種の会社は、ほかにもたくさんある中で、あえて特定の会社を選んだ理由を知りたがっているのです。

運転技術

役員運転手は役員を始めとする、会社の大切な人を命に関わる仕事に携わってもらいます。そのため、採用担当者は「安全な運転ができるか」「高い運転技術を持っているか」を見ています。バスやタクシー、ハイヤーなどの経験があるか、無事故・無違反か、長時間労働にも耐えられる充分な体力があるかなどがチェックされるでしょう。

役員運転手の志望動機の考え方のポイント

履歴書に記載する志望動機の欄は決して大きくないため、ポイントを押さえて、採用担当者の目に止まるような内容に仕上げなければいけません。とくに以下で紹介するポイントに沿って、志望動機を考えていくとよいでしょう。

志望動機の考え方のポイント①:他のドライバー職との違いを明確にさせる

バスやタクシーといったほかのドライバー職でなく、なぜ役員運転手として働きたいのか、その違いを明確にさせてください。「人と接する仕事をしたい」ことにプラスして「特定の人を送迎する仕事を通して、信頼関係を築くことに魅力を感じる」などです。

志望動機の考え方のポイント②:給与や福利厚生の魅力だけを取り上げない

役員運転手を志望する人のなかには、会社の給与や福利厚生、残業の少なさなどに魅力を感じ、応募先を決めることもあるでしょう。たとえそうだったとしても、志望動機に給与や福利厚生面の魅力だけを取り上げることはNGです。

採用担当者は「ほかに待遇がよい会社があれば、すぐに退職してしまうのではないか」と考えます。働きやすさという観点から多少述べる分にはよいですが、必ず会社や仕事自体の魅力についても伝えるようにしましょう。

志望動機の考え方のポイント③:自分の強みを伝える

最後のポイントは、自分の強みを伝えることです。とくに仕事に関係する強みを伝えると、採用担当者の印象もアップするでしょう。「タクシー運転手の経験があり、コミュニケーション能力が高い」「接客業をしていたので、お客様と接する基本的なマナーを心得ている」などです。過去の経歴や経験を示すことで、より具体的に相手へ伝わります。

役員運転手の履歴書の書き方のポイント

志望動機も含めて、履歴書には過不足なく採用突破に必要な情報を記載しなければいけません。とくに役員運転手の採用試験で、書いてほしい点は次の通りです。

・バスやタクシーといった、ドライバーに関する職歴

・運転に関わる所持資格

・スポーツなど、体力や健康に自信があることを示せる経験

運転に関する資格を記載するのは当然ですが、そのほかの資格もできるだけ書いておきましょう。たとえば、外国人を乗せるような会社の場合、英語の資格所持が有利に働くかもしれません。

面接での役員運転手の志望動機の答え方

面接でも必ずといってよいほど、志望動機が聞かれます。基本的には履歴書に記載した内容に沿って答えますが、以下の流れで回答するとスムーズです。

①役員運転手として働きたい理由

②志望理由につながる、過去の経験

③採用された後、どのように会社へ貢献できるか

まずは働きたい理由、つまり結論を述べることを意識しましょう。グダグダと前置きを並べるのではなく、結論を先に伝えることで採用担当者への明確なメッセージとなります。

過去の経験は職務経験だけでなく、志望動機につながるのであれば、プライベートなことでも構いません。また、採用された後で、どのように会社へ貢献できるのかをも伝えられるとよいでしょう。自分が持っているスキルをベースに、どのように業務へ活用できるのかを考えてみてください。

まとめ

役員運転手の仕事に応募する場合、志望動機はしっかり考えるようにしましょう。他のドライバー職との違いや、特定の会社を選んだ理由、仕事に活用できる自分の強みなどを過不足なく伝えることがポイントです。一度自分で作った志望動機は、家族や友人などにチェックしてもらってください。客観的な立場から、よりよいものへ改善するためのアドバイスがもらえます。

 

 

おすすめ関連記事

検索

【NEW】新着情報

役員運転手の年収について気になっている方も多いでしょう。本記事では、役員運転手の平均年収の相場から、給料を上げるための方法までを解説します。競争の激しい業界で成功するためのヒントもお伝えする

続きを読む

役員の円滑な移動に欠かせない役割を果たす役員運転手。しかし、そのスキルは運転だけにとどまりません。本記事では、役員運転手に求められる多様な能力と、運転技術、ビジネスマナー、守秘義務の研修内容

続きを読む

役員運転手として、ベストなパフォーマンスをだすためにやるべきことは一体何でしょうか。それは「健康管理」です。健康管理を徹底し、生活リズムを整えることは、役員運転手として最低の準備です。では、

続きを読む

役員運転手は、ドライバーのなかでもトップドライバーに位置しています。そのため、ハイレベルなマナーを身に付けることも求められています。そのなかの1つが「ドアの開け方」です。会社の社長や役員を送

続きを読む

社長や役員などが直接車の運転をすると会社のリスクになります。そのため「役員運転手」に車の運転を依頼する会社が大半です。ただし、役員運転手でも事故を起こしてしまうこともあります。その場合、どう

続きを読む

役員運転手の求人を探してみると、地方と都市部の差はありますが、各地に企業がある分、求人があります。そのため現状は役員運転手の求人はとても多く、需要が供給を超えています。今回は役員運転手の将来

続きを読む

運転の技術やマナーは、一般的には経験のある年配の方がしっかりと身について優れていそうです。しかし実際は、若い運転手にもとても良い点があります。また、運転手を派遣する企業でも若手のドライバーに

続きを読む

近年の物価上昇もあり、定年後のこれからの生活が年金だけで心配で働く方が増えています。難しそうだなと考えている方も多いかもしれませんが、多くの年配者の方が役員運転手として活躍しています。東京で

続きを読む

「役員運転手のストレスはどのようなものがあるの」「ストレス解消法を教えてほしい」役員運転手を目指している方のなかでこのような疑問をもつ方もいるかと思います。役員運転手ならではのストレスがどれ

続きを読む

一般的なドライバーの仕事とは異なり、安定したドライビング技術と爽やかな接客対応、おもてなしの心を要する「役員運転手」の仕事をご存じでしょうか。企業内に専属で勤務することも可能ですが、派遣運転

続きを読む