役員運転手なら気を付けたいドアの開け方!ポイントとマナーを解説!

公開日:2023/11/15   最終更新日:2023/07/12

ドアの開け方

役員運転手は、ドライバーのなかでもトップドライバーに位置しています。そのため、ハイレベルなマナーを身に付けることも求められています。そのなかの1つが「ドアの開け方」です。会社の社長や役員を送迎することから、ドアの開け方は重要です。今回は、役員運転手のドアの開け方のポイントについて、詳しく紹介します。

役員運転手必見!ドアの開け方のポイントとは

役員運転手のドアの開け方にはどんなポイントがあるのでしょうか。こちらで詳しく紹介します。

ドアの開け方のポイントとは?

ドアの開け方のポイントは、美しい所作で対応することです。美しい所作とは、指の先まで神経が行き届いたような精度が高く、丁寧で、心がこもっている動きのことです。

もし美しい所作が欠けていると、そのほかでどんなに頑張っても、会社の社長や役員からみたら、イマイチな役員運転手と思われます。そうなると評価に悪い影響がでます。役員運転手として、ドアを開けるときには、美しい所作で対応することを心がけましょう。

ドアの開け方も業務の1つ

役員運転手と似た仕事に、タクシー運転手がいます。タクシー運転手のドアの開け方は自動です。それに対して、役員運転手のドアの開け方は手動です。タクシー運転手と役員運転手の違いは、タクシー運転手は不特定多数のだれかを乗せますが、役員運転手は自社の社長や役員を乗せます。

自社の社長や役員などのようなVIP待遇の方を車に乗せるときは、必ず手動でドアを開ける必要があります。つまりVIP待遇の方を車に乗せる役員運転手は、ドアの開け方も業務の1つであるということです。

役員運転手のたしなみ!覚えておきたい心得

役員運転手をするには、どんなことを心得ればよいのでしょうか。こちらで詳しく紹介します。

安全運転

当然のことですが、車には大切な会社の社長や役員が乗っています。彼らにケガでもさせたら大変なことになります。絶対に事故が起こらないように、周囲に十分注意して安全運転を心がけて運転をしましょう。

丁寧な言葉使い

専属の役員運転手であれば、会社の社長や役員は自社の社長であり上司です。そのため、丁寧な言葉使いを使わなければなりません。単に敬語を使えばよいわけでなく、相手から聞き取りやすく、ストレスを感じることがない丁寧な言葉を使いましょう。

きめ細やかな対応

当然のことですが、会社の社長や役員に対して、雑な対応はNGです。会社の社長や役員が「そこまで気が付くのか!」と驚くくらいに、きめ細やかな対応をしましょう。

秘密を守る

4つ目は秘密を守ることです。役員運転手をしていると、会社、社長、役員、社員、ほかの会社などの、さまざまな情報が耳に入ってきます。あまりにもビッグ情報であることから、だれかに話したくなるかもしれません。

ただしそれはNGです。絶対にやってはいけません。役員運転手で知った情報は絶対に秘密を守りましょう。

臨機応変に対応する

5つ目は臨機応変に対応することです。役員運転手だからといって、何でもガチガチに対応する必要はありません。会社の社長や役員の先をいくような、柔軟性も重要です。そうすることで、会社の社長や役員から必要な人材と思ってもらえます。

雨天時に役員運転手が意識したいポイントとマナー

雨天時には、役員運転手はどんなことを意識すればよいのでしょうか。こちらでは雨天時に、役員運転手が意識したいポイントとマナーについて、詳しく紹介します。

雨天時に役員運転手が意識したいポイントとは?

雨天時に役員運転手が意識したいポイントは、スピードを出し過ぎないようにすることです。雨天時はブレーキの効きが悪くなります。場合によってはタイヤがスリップするかもしれません。そうなると、会社の社長や役員を危険にしてしまいます。

雨天時には、絶対にスピードを出し過ぎないようにして安全運転を心がけましょう。ちょっとした気の緩みが大事故になるかもしれません。

雨天時に役員運転手が意識したいマナーとは?

雨天時に役員運転手が意識したいマナーは、会社の社長や役員を雨に濡らさないようにすることです。雨天時にはちょっとしたことで濡れてしまいます。常に会社の社長や役員が雨に濡れないように、細心の注意を払いましょう。

具体的には、雨よけがある場所に停めたり、雨よけがない場合には傘をさしてからドアを開けるようにすることです。とくに会社の社長や役員が、他社との重要な取引があるときには、いつも以上に雨に濡らさないようにしましょう。

雨水や泥跳ねが原因で、せっかくの準備や身だしなみが台無しになるかもしれません。雨天時には、くれぐれも会社の社長や役員を雨に濡らさないようにすることを心がけてください。

まとめ

今回は、役員運転手のドアの開け方のポイントについて紹介しました。今回のポイントをまとめると、役員運転手のドアの開け方のポイントは美しい所作で対応することです。何でも美しい所作で対応することで、すべての動きがよく見えます。

できるだけ普段から、指の先まで神経が行き届くように意識して、美しい所作ができるようにしておきましょう。そうすることで、会社の社長や役員からの評価があがります。本記事が役員運転手のドアの開け方のポイントについて詳しく知りたい方に届けば幸いです。

おすすめ関連記事

検索

【NEW】新着情報

役員運転手は、ドライバーのなかでもトップドライバーに位置しています。そのため、ハイレベルなマナーを身に付けることも求められています。そのなかの1つが「ドアの開け方」です。会社の社長や役員を送

続きを読む

社長や役員などが直接車の運転をすると会社のリスクになります。そのため「役員運転手」に車の運転を依頼する会社が大半です。ただし、役員運転手でも事故を起こしてしまうこともあります。その場合、どう

続きを読む

役員運転手の求人を探してみると、地方と都市部の差はありますが、各地に企業がある分、求人があります。そのため現状は役員運転手の求人はとても多く、需要が供給を超えています。今回は役員運転手の将来

続きを読む

運転の技術やマナーは、一般的には経験のある年配の方がしっかりと身について優れていそうです。しかし実際は、若い運転手にもとても良い点があります。また、運転手を派遣する企業でも若手のドライバーに

続きを読む

近年の物価上昇もあり、定年後のこれからの生活が年金だけで心配で働く方が増えています。難しそうだなと考えている方も多いかもしれませんが、多くの年配者の方が役員運転手として活躍しています。東京で

続きを読む

一般的なドライバーの仕事とは異なり、安定したドライビング技術と爽やかな接客対応、おもてなしの心を要する「役員運転手」の仕事をご存じでしょうか。企業内に専属で勤務することも可能ですが、派遣運転

続きを読む

役員運転手は会社役員などのVIPを目的地に送り届けるとても重要な仕事です。その際、さまざまな人と接する機会も多くあり、人一倍身だしなみには気をつけなくてはなりません。そこで今回は役員運転手の

続きを読む

この記事を読んでいる方のなかで、東京で役員運転手に興味があったり、役員運転手の派遣求人を探したりしている方がいらっしゃるかと思います。一概に役員運転手といっても、早朝もしくは深夜に仕事をする

続きを読む

一般的に企業の役員には役員運転手が付けられる場合が多くあります。役員運転手の業務としては、会社役員を目的地まで送迎するのが主な仕事です。ほかにもさまざまな業務があるのですが、よく分からない方

続きを読む

東京で役員運転手の派遣の求人を探している方はいませんか?また、役員運転手の仕事に興味がある方もいると思います。そこで、東京で役員運転手として働いてみたい方に研修内容や求められるスキルの紹介で

続きを読む